名称未設定アートワーク

自分の描いた絵に赤ペン入れてみた

今参加している #コルクラボ漫画専科 イラスト力アップのために自分の絵の無駄な線を指摘し消してみるという課題が出ました。

自分のイラストを厳しく見てみます!!!


モノクロイラスト

以前に描いたまっすぐ見つめる女の子の絵です。

これは描いている時はかなり丁寧に線を引いたつもりでした。

では、見てみましょう・・・

改めて見てみると、顔を描く時の線の慎重さと、体を描く時の慎重さには差があることがわかりました。
顔の造形やバランスは0.1mmずれると印象が変わるという思いがあるけれど、服のシワはなんとなくでも成立する・・・という甘えがあるかもしれないですね。

修正後

顔に対して線の引き方が適当になっている部分を修正しました。
絵のタッチとして陰影を線で表現するのは個性として残すことにしました。


マンガ
(「I LOVE CD!」より)

マンガはこちらで読めます!

もう、赤ペンいれながら悲しいくらい雑なところが見つかります。。。

・描写量が多く集中が続かなくて、雑になっている。
(自分で自分に「綺麗に描く」と指示してるところ多すぎ・・・。)

・モノクロイラストとも絵のタッチが異なっている。
(例えば、鼻筋に線を引くか。デフォルメの具合など。どちらの絵柄で描きたいかが定まっていないのかも。)

修正後

線を全体的に整えました。絵柄については今後の懸念課題。

ただ、綺麗に描けているけれど、キャラの感情表現や、勢いを出したい表現の場合は、タッチが残っていてもいいのかもしれない。。。ともちょっと思いました。


カラーイラスト

こちらは直しというより、自分の中での「基準」にしたい線です。
カラーの時は一層気をつけて描いているのがわかります。

procreateというiPadのアプリで描いていて、
少しかすれ感のある「ドライインク」というブラシがお気に入りです。


手書き感を残したいという思いがあってこのブラシを使っていますが、
先ほどの漫画の修正の時のように、
「綺麗すぎると逆に表現できないものがある」と
無意識に思っていたのかもしれませんね。

このくらいが自分の中では気持ちよく絵が描けている感覚。
他の絵の時にもなるべくキープしたい・・・


今回の課題、
自分の絵柄を統一させて、クオリティをキープするということが実はかなり難しいということがわかりました。
マンガの時に線が雑、というのはよくないな・・・

修行あるのみです!
絵描きの皆様は、たまにこうやって自分の絵を見返してみると、発見があるかもしれませんよ・・・


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートして頂いたらいい絵が描けそうな予感…

感謝のキワミアーーーッ
3
マンガ家/アイスのデザイナー。絵柄のわりにくまみたいな男です。|マンガ:『マチネの終わりに』(原作:平野啓一郎氏)11月出版予定!| デザイン:「ガツン、とみかん」「ソフ」など。|noteでは、マンガのウラ側、つくり続ける人のための実験や考え方を発信します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。